版元ドットコム加盟社のうち九州を拠点とする出版社が書誌情報、日々のあれこれなど、共同で運営・発信します
書評あり

 

われらラジオ異星人
みんなと歩んだ地方番組の裏側

文芸

KBCラジオ PAO~N(著/文 他)

発売: 西日本新聞社

A5判  224ページ 並製
定価 1,870円 (消費税 170円)
ISBN978-4-8167-1013-1 C0095
在庫あり

書店発売日 2024年03月22日
登録日 2024年01月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

書評情報

西日本新聞  朝刊

紹介

KBCラジオ(福岡市)「PAO~N(パオーン)」放送開始40周年記念本!

ラジオの深夜放送が隆盛を極めた1980 年代。
全国各地に人気番組が誕生し、中高生リスナーたちをラジカセの前に釘付けにしていた。そんなとき、福岡には「PAO~N」があった。

KBC(九州朝日放送・福岡市)のラジオ番組「PAO~N」は、1983年5月に放送を開始。2023年5月に放送開始40年を迎えました。
当初からメインパーソナリティーを務めるのは、沢田幸二(66)アナウンサー。深夜放送の頃は中高生リスナーへの辛辣なツッコミと早口でまくし立てるしゃべりが受け、人気番組になりました。
昼の時間帯へ移った2003年以降は、軽妙なトークと個性的な出演者の魅力を引き出す絡みが売り。同局の看板番組として定着しています。
日替わりの名物コーナーに新旧のリスナーが数多く投稿し盛り上げ、気になるニュースで今を伝え、パーソナリティー同士のフリートークで笑わせるなど、同番組にはラジオの醍醐味が詰まっています。

本書はオンエアのノリで話した対談、インタビューで構成。同番組の歩みを振り返りつつ、これまでのハプニングや感動話など、喜怒哀楽があふれる逸話を収録しました。
対談は、沢田アナや約40年前に番組を企画した窪田雅美(元KBC)、昼ワイドで復活した2003年から現在まで出演する原田らぶ子、夜ワイド時代は大学生アルバイト、昼の「PAO~N」でディレクターとプロデューサーを経験した佐藤雅昭が登場。「てるてるワイド」「やる気MANMAN!」(ともに文化放送)など80年代以降、数々のラジオ番組でパーソナリティーを務めている吉田照美との対談も実現。
深夜放送時代に「PAO~N」を支えた師岡正雄(元KBC、ニッポン放送アナウンサー・現在はフリー)、現在の木曜レギュラーの松村邦洋、沢田アナの同期の奥田智子(KBCアナウンサー)のインタビューも。
リスナー参加のアンケート、ネタ企画も掲載します。

沢田アナはキャリア40 年以上の大ベテランながら、今もマイクの前に座り続けています。昭和から平成、令和へと移り変わるなか、淡々と時に熱く会社員人生を過ごしてきました。
本書には沢田氏と同じ時代を生き、定年を迎えた(迎える)同世代に響く言葉も多数出てきます。
同番組のリスナーやラジオファンだけでなく、50 ~ 60 代の人にも届く内容です。

目次

2P オープニングトーク(はじめに・「前ピン」風)

6P <序章>
  KBCラジオ「PAO~N」をかいつまんで紹介

11P <1章> 
  細かいことは大目に見てね。放送40年を振り返る
  「PAO~N ぼくらラジオ異星人」誕生から終了、復活まで
   対談 沢田幸二(KBCアナウンサー)&窪田雅美

52P <インタビュー>
  PAO~Nとわたし 師岡正雄(フリーアナウンサー)

59P <2章>
  細かいことは大目に見てね。放送40年を振り返る
  昼ワイド「PAO~N」の復活から20年を経て
  対談 沢田幸二&原田らぶ子(タレント)&
     佐藤雅昭(KBCラジオプロデューサー)

106P <インタビュー>
  PAO~Nとわたし 奥田智子(KBCアナウンサー)

113P <3章>
  いつもの「PAO~N」ができるまで

129P <4章>
  リスナーと作った誌上(スペシャル)「PAO~N」

141P <5章>
  照美さんに会いたくて文化放送まで行ってきた(日帰り)
  特別対談 吉田照美&沢田幸二

184P <インタビュー>
  PAO~Nとわたし 松村邦洋(タレント)

190P <番外編>
  「PAO~N」女性スタッフ覆面座談会 これが沢田幸二のトリセツだ!

198P <特別寄稿>
  忖度しないにもほどがある 髙田郁(小説家)

208P <解説>
  まだ続いてたの!?は褒め言葉 やきそばかおる(ラジオコラムニスト)

214P 放送開始40周年企画 一挙紹介!&復活! サイン盛り

220P アフタートーク(おわりに)

著者プロフィール

KBCラジオ PAO~N(ケービーシーラジオ パオーン)
KBCラジオ PAO~N(パオーン)
九州朝日放送(KBC)で1983年5月30日に放送を開始した、平日夜のワイド番組「PAO~N ぼくらラジオ異星人」。福岡・佐賀の中高生リスナーから圧倒的な支持を集めながらも90年4 月6日で放送を終了。その後、2003年3月31日に平日昼のワイド番組「PAO~N」として復活し、現在も放送中(平日13時~16時)。ラジコで聴く熱烈なリスナーが全国に存在する。23年5月30日に放送開始40年を迎えた。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから 質問する

1,870円
(消費税 170円)

在庫あり

送料無料

オンライン書店で買う


最寄りの書店で買う