版元ドットコム加盟社のうち九州を拠点とする出版社が書誌情報、日々のあれこれなど、共同で運営・発信します

 

グランパより 萌那へ

文芸

武田博幸(著)

発売: 弦書房

四六判  208ページ 並製
価格 1,760円 (消費税 160円)
ISBN978-4-86329-269-7 C0095
在庫あり

書店発売日 2023年05月10日
登録日 2023年03月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

若い人たちが読めばきっと得るところ多いでしょう――渡辺京二

紹介

伝えておきたいことばがある。萌那はまだ三歳にもなっていないので、今自分が話したいことを書き記しておこうと思いました。
子どもから大人に向かいつつある中学生か高校生の萌那が、これからの自分の人生について考えるヒントの一つでもこの文章の中に見い出してくれたらと思っています。

目次

Ⅰ グランパより萌那へ
  一人のやさしい人の存在/人と違う自分/いくつになっても
  友だちは出来る/ほんとうの心の友/学校の勉強について/
  自然のすばらしさについて/肩書きのある人とない人/教師
  としてのグランパ/読むことと書くこと/グランパの故郷 他 
Ⅱ 私の少年時代
Ⅲ 高校生の萌那へすすめる本

著者プロフィール

武田博幸(タケダ ヒロユキ)
1952年熊本県生まれ。九州大学大学院文学 研究科(ギリシア哲学専攻)修士課程修了。博 士課程退学。 29歳から65歳まで河合塾国語科講師を 務める。『読んで見て聞いて覚える重要古文単 語315』(桐原書店)など大学受験生向け古 文参考書を多数執筆。一般向けの古典入門書と して『古典つまみ読み 古文の中の自由人たち』 (平凡社新書)がある。現在、福岡県朝倉市に 在住。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから 質問する

1,760円
(消費税 160円)

在庫あり

送料無料

オンライン書店で買う


最寄りの書店で買う