版元ドットコム加盟社のうち九州を拠点とする出版社が書誌情報、日々のあれこれなど、共同で運営・発信します

 

パンクの系譜学

川上幸之介(著/文 他)

発売: 書肆侃侃房

四六判  384ページ 上製
価格 2,860円 (消費税 260円)
ISBN978-4-86385-610-3 C0070

書店発売予定日 2024年03月12日
登録日 2023年10月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

パンクとは常に問い、それについて行動を起こすことだ。

音楽だけでなく、アート、思想、運動の側面からも「パンク」の根源に迫る画期的著作。

ロックと現代アートから派生したパンクは、音楽活動のみならず、独自の実践を通して社会に影響を与え、人間性の回復をもたらしてきた。最新の研究を踏まえ、その系譜を現在まで辿る。Punk!展、ゲリラ・ガールズ展ほか、話題の展示のキュレーションを行ってきた研究者による初単著。松村圭一郎さん、毛利嘉孝さん推薦!


「パンクはこれまで幾度となく死んだと言われてきた。しかし、支配と抑圧という概念が存続する限り、「パンクス・ノット・デッド」は常に例証し続けられるだろう」(「おわりに」より)

目次

序章


第一部 パンクの文脈と思想

第一章 アートスクール/第二章 共産主義(コミュニズム)/第三章 アナキズム


第二部 パンクの音楽における系譜

第一章 アフリカ系アメリカ人の歴史/第二章 フォーク/第三章 スキッフル/第四章 ガレージ/第五章 パンク


第三部 パンクのアートにおける系譜

第一章 現代アート/第二章 DADA(ダダ)/第三章 レトリスム/第四章 シチュアシオニスト・インターナショナル/第五章 キング・モブ


第四部 セックス・ピストルズ以降

第一章 Oi!/第二章 アナーコ・パンク/第三章 ハードコア・パンク/第四章 ライオット・ガール/第五章 パンクと人種/第六章 パンクとクィア


第五部 アジアのパンクシーン

第一章 独裁政権/第二章 ミャンマー/第三章 橋の下世界音楽祭


おわりに


参考文献

著者プロフィール

川上幸之介(カワカミ コウノスケ)
1979年、山梨県生まれ。専門は現代美術/ポピュラー音楽。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズMAファインアート修了。現在、倉敷芸術科学大学准教授。キュレーションに「Bedtime for Democracy」展、「Punk! The Revolution of Everyday Life」展、「ゲリラ・ガールズ展 『F』ワードの再解釈:フェミニズム!」など。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから 質問する

2,860円
(消費税 260円)
送料無料

オンライン書店で買う


最寄りの書店で買う