版元ドットコム加盟社のうち九州を拠点とする出版社が書誌情報、日々のあれこれなど、共同で運営・発信します
書評あり

 

サメと救世主

カワイ・ストロング・ウォッシュバーン(著/文 他) / 日野原慶(編集/翻訳)

発売: 書肆侃侃房

四六判  
価格 2,640円 (消費税 240円)
ISBN978-4-86385-616-5 C0097
在庫あり

書店発売日 2024年03月13日
登録日 2024年02月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

書評情報

読売新聞  朝刊

紹介

サメに救われた少年には奇跡の力が宿りはじめる。これは真実か、ただのイカサマか?

ハワイで生まれ育った注目の作家によるデビュー長編!

はじまりは1995年。ハワイ島に暮らすフローレス家は、「豊かな」生活を求めて、オアフ島を目指す。そのさなか、息子のナイノアが海に落ち、サメによって助けだされる。サメに救われた少年には、奇跡の力が宿りはじめる。これは真実か、あるいはただのイカサマか?

こうして家族の未来は大きなうねりに巻きこまれる。時を2000年以後に移して、描きだされるのは、楽園ではないハワイ。それは現代の豊かさをめぐるアメリカの矛盾、世界の矛盾を映しだす場だ。ほんとうの「豊かさ」とは何か━━。

ハワイとアメリカ本土(メインランド)を舞台に、ある一家の波乱にみちた運命がつづられる。バラク・オバマのベストブックリスト(2020年版)にも選ばれた、ハワイで生まれ育った作家による渾身のデビュー長編。



明かされる真実へと、ぐいぐい引きこまれろ。ウォッシュバーンはとてつもなく優れた新時代の書き手だ。この長大な家族の物語は、サメの牙のようにするどい。ページははじけて火花を散らす、そして、君をすっかり変えてしまう。

━━━━━トミー・オレンジ(『ゼアゼア』)



古い神話と新たな現実がぶつかり、愛と悲しみが手をつなぎ、信仰と魔術がぎちぎちとこすれあい、喜劇がくるりと悲劇に変われば、まったく新しいなにかが生まれる。そのすべてがとめどない感傷にのって語られる、じりじり焦げるほどに。

━━━━━マーロン・ジェイムズ(『七つの殺人に関する簡潔な記録』)



「海、自然、果物、楽園━━ハワイときいて、多くの日本人がとても良いイメージを抱くことでしょう。楽園としてのハワイ。それを期待してこの小説を読むと、あれ? と思うかもしれません。わたしは思いました。あれ? この小説に、楽園はない。主人公であるハワイ系フィリピン人のフローレス一家が生きる現代のハワイは、楽園とはかけはなれた苦しい生活が強いられる場所です。サバイバルという言葉がふさわしいほどです」(訳者あとがきより)

著者プロフィール

カワイ・ストロング・ウォッシュバーン
ハワイ島のハマクアコーストに生まれ育つ。2020年出版の『サメと救世主』により、PEN/Hemingway Award for Debut NovelとMinnesota Book Awardを2021年に受賞。現在は、ミネアポリス在住。
日野原慶(ヒノハラケイ)
大東文化大学にてアメリカ文学を教えている。共訳書にモナ・アワド『ファットガールをめぐる13 の物語』、共著に『現代アメリカ文学ポップコーン大盛』(ともに書肆侃侃房)。

上記内容は本書刊行時のものです。

ご注文はこちらから 質問する

2,640円
(消費税 240円)

在庫あり

送料無料

オンライン書店で買う


最寄りの書店で買う